うつ病のこと、相談してください。

心が落ち込む症状

精神的に病んでしまううつは症状がいくつかに分かれています。状態に合わせて専門医と治療を決めていくことが大切です。

うつ病は周囲の注意が必要である

うつとは辛いことや悲しいことが起こったり、ストレスや精神的に疲れている場合などに起こってしまいます。何をしても気持ちが晴れず常に憂鬱な気分が続いていきます。症状がひどくなっていくと自殺してしまうことがあるため早めに対応する必要があるのです。 しかしうつ病は症状がわかりにくいため、周囲の人達は注意しなければいけないのです。例えば朝起きられない、仕事に行きたくない、だるくて動きたくないなどは怠けているなどと思われてしまうのです。しかしこれもうつの症状の1つなのです。また落ち込んで元気がない、暗く沈んでいるとなると周囲の人は元気をだせと言ってしまいがちです。しかしうつになった場合には、がんばれや元気をだせなどの言葉は逆効果になることもあるため注意が必要です。

知って起きたい症状について

うつで知っておきたいことは必ず治る病気だという事です。うつの主な原因はストレスなどによって脳から分泌されるセロトニンが正常に分泌されなくなってしまうことから起こります。そのため心療内科ではセロトニンの分泌を促す薬を使った治療を行って行きます。 また他にもうつの原因を取り除いてゆっくり休養する、心の中に貯め込んでいる原因をカウンセリングで解決するなど様々な方法があります。 また実はうつと言っても様々な症状があるという事も知っておきたい知識です。気が付かれず少しずつ症状が進行していくこともあるのです。周囲で最近元気がない、笑うことが少なくなった、会社を休みがちになっているなど何か変化があった場合には心療内科やカウンセリングの利用をすすめてあげる事が必要なのです。

脳内物質の問題が発生して起きるれっきとした病気です

日本では自殺率の高さやうつ病問題の肥大化が問題視されています。 日本は脳の不調で起きた問題を「甘え」と主張した精神論を第三者が一方的に押し付ける異質かつモラルの無い発言が目立ちますが、うつ病とはれっきとした脳の不調により発生する病気であるという認識を持つ必要があります。 人間の脳とは、個人を示す指標であり、尚且つその脳が壊れたら人は実質的な死を意味する程に繊細に扱わなくてはいけない急所でもある部位と言えます。 そしてうつ病などの病気というのは、この脳の不調が原因で起きる病気であるというのが医学の分野での共通認識です。 つまり、精神論云々の話題すら根本的には関係が無い物事であるという事を、大勢の人々は認識する事が大切です。

どの様にして不調が発生するか

人間の脳は、まだ解明されていない未知の部分も多い部分です。 先進諸国では脳科学や脳外科や脳関連精神医学などの発展がめまぐるしく、対して日本はこれが杜撰に発展性が乏しい分野であるとも言われています。 そして大半が日本からではなく諸外国の医療分野からの発見と実績を日本が輸入した形ばかりである実情があります。 そしてうつ病などの脳の不調の病気が何故発生するかと言うと、脳内物質のドーパミンに連なるセロトニンなどの不調が原因で脳の機能が著しく低下し、日常生活を行う事すら出来ない程の症状が発生する病気でもあります。 日本はよく「両極端の国」と言われています。 これはうつ病の症状でも見られます。 それはつまり、うつ病とは先進諸国では初期段階で長期の休養を取りリフレッシュして改善する、という主方針が常識と化しているのに対して日本では初期段階での改善を行わず無理をして最悪の症状を発生させてしまう、などの例が多いからでもあります。 これは日本の労働環境問題も絡みますので詳しい言及は置いておきますが、日本では前述の通り手遅れに近い症状を発症して自殺をしてしまう患者なども多いなどの多々ある問題点が今も根強く残っています。

もしかしてうつかもって思ってから

なかなか子供が出来なくて暗くなっていた時期がありました。回りの友達の嬉しい報告も、素直に喜べずに自分だけが…とどんどん落ち込む毎日でした。なので自分がうつのような症状が出ているとはその時は全く解らなかったです。何もやる気がしなかったり外に出て行く事も嫌になっていました。うつの症状が出てきた頃は言ってる事も少しおかしかったように思います。自分の事ばっかりで人と接するのも嫌でした。ずっと家で一人になりたかったです。うつの症状がなかなか治りそうもなくて、でも心の何処かにはこれではダメだと思う自分もいて、うつの症状を治さないとと思っていてもどうしていいか分からないそんな生活をおくっていた事がありました。

症状の改善

うつ病のタイプは大きく分けて2つがありますが、何もやる気が出ないものと、気分の沈み込みだけではなく気分の高揚がある双極性うつなどが代表的です。治療が難しいのでその人に合った治療をすることが大切です。

READ MORE

生活の変化

生活習慣の変化からうつ病になりやすい人が増えています。食生活や睡眠などをしっかりしていないと身体に負担をかけてしまいます。ストレスチェックテストなどをすることでうつ病のセルフチェックが行えます。

READ MORE

兆候がある

どのうつ病にも必ず兆候があるため、それに気づいて治療を行なうことにより早く改善することができます。クリニックを探すときは場所によって少人数の予約制のところもあるので、ホームページから探しておくことも大切です。

READ MORE

気分の沈み

うつ病は学生だけではなく社会人にも増えてきている問題で、気分の沈みが特徴的です。うつ病だと気づいて早めにカウンセリングを受けることによって症状が改善することもあります。

READ MORE

感情性のもの

うつ病になると思考障害が出てしまうことがあり、この状態になると決断力や集中力の低下などの問題が起こってしまいます。感情の差が激しくなってしまうので徐々に症状も重くなってしまう傾向にあります。

READ MORE